アニメ・マニアックス

本ページはプロモーションが含まれています

アニメ「呪術廻戦」の領域展開とは?

 

アニメ「呪術廻戦」に登場する「領域展開」は、呪術師が自身の術式を最大限に発揮するために用いる、特殊な術式です。

領域展開を発動すると、呪術師は術式を付与した生得領域を呪力で周囲に構築します。その領域内では、呪術師の術式が常時発動状態となり、通常よりも強力な呪術を扱うことができます。

領域展開は、呪術師の強さを示す重要な要素の一つであり、作中でもさまざまな領域展開が登場しています。

領域展開の種類

領域展開には、大きく分けて以下の2種類があります。

術式領域
術式領域は、呪術師の術式そのものを術式領域として発動させるものです。

例えば、五条悟の「無量空処」は、呪術師の呪力を無限に吸収する術式であり、その術式そのものを術式領域として発動させることで、強力な吸引力を生み出します。

術式拡張領域
術式拡張領域は、呪術師の術式の範囲を拡張する領域です。

例えば、伏黒恵の「十種影法術」は、自分の影に魂を宿らせて戦わせることができる術式ですが、その術式の範囲を拡張する領域を展開することで、より多くの影を操ることができるようになります。

領域展開の特徴

領域展開には、以下の3つの特徴があります。

呪力消費が激しい
領域展開を発動するには、膨大な量の呪力を消費する必要があります。そのため、領域展開は、長期戦には不向きです。

術式の特性が最大限に発揮される
領域展開を発動することで、呪術師の術式の特性が最大限に発揮されます。そのため、領域展開を発動した呪術師は、通常よりも強力な呪術を扱うことができます。

領域内では、呪術師の術式が常時発動状態となる
領域展開を発動した領域内では、呪術師の術式が常時発動状態となります。そのため、呪術師は、領域内であれば、呪力を消費することなく、呪術を扱うことができます。

領域展開の戦術的活用

領域展開は、戦闘において非常に強力な術式です。しかし、領域展開を発動するには、膨大な量の呪力を消費するため、長期戦には不向きです。

そのため、領域展開を戦術的に活用するためには、以下の点に注意する必要があります。

相手の術式や能力を把握する
領域展開は、相手の術式や能力を把握した上で、効果的に活用する必要があります。そのため、相手の術式や能力を把握するために、事前に情報収集を行うことが重要です。

領域展開の特性を生かす
領域展開には、それぞれ異なる特性があります。そのため、相手の術式や能力を把握した上で、自らの領域展開の特性を生かした戦術を立てることが重要です。

領域展開のタイミングを計る
領域展開は、膨大な量の呪力を消費するため、長期戦には不向きです。そのため、領域展開を発動するのは、相手の体力を削いだ後など、勝機が見えてきたタイミングが重要です。

アニメ「呪術廻戦」では、さまざまな領域展開が登場しています。今後も、新たな領域展開が登場し、戦闘がより激化していくことでしょう。