アニメ・マニアックス

本ページはプロモーションが含まれています

おとなりに銀河:少女漫画家と異星人の新婚ラブコメディ

 

『おとなりに銀河』は、雨隠ギドによる日本の漫画。『good! アフタヌーン』(講談社)にて、2020年5号から連載中。少女漫画家と正体が異種族の姫であるアシスタントが「婚姻関係の契り」を結んだところから展開が描かれるSFラブコメディ。

2023年4月から、本作を原作とするテレビドラマおよびテレビアニメが放送されています。

あらすじ

少女漫画家・久我一郎(ペンネームは「ここねモモティ」)は、父親が亡くなったことをきっかけに、妹や弟を養うために日々懸命に働いていた。彼はある日、アシスタントの五色しおりと出会い、彼女から「私は、流れ星の民の姫。あなたと婚姻関係の契りが結ばれた」と宣言された。 久我は最初は戸惑うが、しおりの優しさと仕事への真摯な姿に感銘を受け、二人は徐々に惹かれ合っていく。しかし、しおりは実は異星人であり、彼女の故郷では婚姻関係の契りは一生続くものだった。久我は、しおりと幸せになるためには、彼女の故郷に行くことを決意する。

見どころ

『おとなりに銀河』の見どころは、以下の通りです。

  • 少女漫画家と異星人の新婚ラブコメディという、斬新な設定。
  • 久我としおりの、純粋でまっすぐな恋愛模様
  • 個性豊かな登場人物たち。
  • ほのぼのとしたストーリーと、ときどき胸キュンする展開。

感想

私は『おとなりに銀河』をとても面白く読めました。久我としおりの恋愛模様がとても純粋で、応援したくなりました。また、個性豊かな登場人物たちも魅力的で、読んでいて飽きませんでした。ほのぼのとしたストーリーと、ときどき胸キュンする展開に、最後まで楽しく読めました。

『おとなりに銀河』は、恋愛漫画やSF漫画が好きな方には、特におすすめの漫画だと思います。

[rakuten:books-sanseido:10360839:detail]